スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
今年したチャレンジ 
IMG_0461.jpg

 掃除してます。もちろん、またもコヨーテに手伝ってもらってます。
今頃クリスマスツリーの片付けしてるんですよ。恥ずかし~。

 ドール関係では、今年球体関節人形が驚く程増えちゃって楽しかった。かっわいいんだけど、どれも高いのが悩みです。苦しいなぁ。ブログも始めた!PCわからんなりにデジカメ使ってます。
 実力不足ながらイベントにもディーラー参加したのも良い思い出。毎回きちんと服を何着も作ってらっしゃるディーラーさんってすごい。どの方も大尊敬です。来年はお洋服を買う側にもなりたいな~。お財布と相談ですが(泣)。

 今年買い逃したお人形。12月の67マリーン。欲しかったよ~。他にも欲しかったのは一杯です。皆さんはいかが?

 ちょっと恨んでるのはleekeさん。あのメーカーは、私が家族に内緒でドールしてるのを(増えてるのが内緒…)知ってか知らずか、いつも到着を土日にしやがる。今回も予約ウイッグを年末発送してくれちゃって、思いっきり全員いるじゃ~ん(泣) ど、ど、ど、どうしよう!?(挙動不振)
スポンサーサイト
拍手する
お人形の愛し方 
観用少女【完全版】(1) 観用少女【完全版】(1)
川原 由美子 (2006/12/15)
朝日ソノラマ
この商品の詳細を見る

お人形を描いた漫画としてはあまりにも有名なこのコミック、先日愛蔵版を本屋さんで見かけたのでこちらでも紹介してみました。
 ミルクと砂糖菓子と愛情でのみ育つというプランツドール、その愛し方や値段の高さ、オーナーの「この娘!」という出会い方はまさにアンティークドールのオーナーによく似ていると私は思います。会った瞬間、捜し求めてたのはこの娘だと体に衝撃の雷が走るんだよ、きっと。シルク等の美しい衣装や手入れで益々美しくなる所も似てる。

 でも私は壊れ物を扱うような愛し方はできないなぁと思う。たとえば必ず手袋をして、とかね。
IMG_0457.jpg

 この写真の右と左、元は同じぬいぐるみなんです。くたってるのが私の娘のなんですが、プリンちゃんと名づけられていて、そりゃーもう愛されてるったら!常に一緒。時には口に咥えられてる。出かける時は玄関に置かれてる。帰宅したらそのまま持ってまた一緒。寝る時ももちろん。じいちゃんが死んだ時も泣かなかった子が、プリンちゃんの中身が出てきて壊れそうになったら大泣き。家族よりも一番大事だそうです。

 私も昔、そんな存在のぬいぐるみが居ました。そのせいか、お人形のかわいがり方はぬいぐるみのように手荒いです(^^;) でも例え手がもげても、汚くって他の人になんと言われようと私にとっては一番。大人のかわいがり方じゃないなぁと思いつつ。何が言いたいかというと、だからうちの子がなんとなく小汚くっても愛は一杯ありますよー、という話です。私のお人形に対する姿勢。一年の締めくくりの話だな!
拍手する
やっと 
 2週間も遅れてダーリン(死語)のお誕生日のお祝いに食事に行きました。忙しくて遅くなってしまった。しかも彼は自分で調べ、予約・変更してました。すまんよ…。

IMG_0444.jpg


 ここはビルの地下なんです。水が張ってあり、屋形船の中に座敷がある。
 釣った魚を食べることができるってさ。釣った魚は割安で食べれるらしい。画像が悪いですが、釣竿、見えるでしょうか?きっと子供が喜ぶと思って予約したんだね~。
IMG_0446.jpg

 餌付けされてるので全然釣れず。ようやくでっかいヒラメが釣れましたが、その時には待ちきれずお腹いっぱい食べちゃってた。割高だな~と思いつつ、無理やり食べました。でもおいしかった。
IMG_0455.jpg

拍手する
愛っていうのはね 
アタシ 「愛って何。どこにあるの」
ダンさん「そこかしこに、ある。」

たまひな、周囲を見渡し、机の下まで探す。

アタシ 「ナイッ!どこにもないよっ!!」
ダンさん「満ち満ちている。(厳かに) 見えないのは心が汚れてるせいだ。」

…という訳で、愛は周囲に満ち溢れているようですよ。
心の汚れた私には見えませんが(遠い目)

気づかなくても愛はたくさんあるようです。見えても、見えなくても。メリークリスマス!

coyote1.jpg

拍手する
クリスマス準備 
 幼SDピッコロのコヨーテに準備を手伝ってもらいました。癒された。
私生活で色々な事がありまして、普通どおりの家庭生活が営めない程ショックだったのですが、今日のろのろとクリスマス準備をして、そっとお人形の写真を撮ると…うん、やっぱりいい。お人形は本当に癒しですな。

 悩みすぎて、み○もんた氏に電話しそうになるのですが、やはりそれは…!体が震えそうになった時にはお人形に助けてもらう。コヨーテくん、ありがとね。
幼SD

 そうそう、家人がフリーソフトGIMPを買ってきてくれた!フリーなのに買うとはこれいかに。解説本の値段のようです。私みたいなPC音痴にも出来そうで嬉しい。とりあえずこの画像は縮小してみました。今はこれが精一杯ですが、色々してみたいな。
拍手する
冬の風物詩 
20061219201649
先週の土曜に行ってきました、るみなりえ。すっごい人混みで、今まで私達が行った中で一番列が長かったです。雨が多かったせいでしょうか?これを見に行くともう一年も終わりに近づいたなーって気がします。

ツリーのプラグインを増やしたのですが。
えーっ!クリスマスまで後5日しかないのー!?( ̄□ ̄;)!!
子供達は22日から毎日クリスマス会です。いいなあ。その内の一つはうちで開かれるらしいですよ。(@_@) 今日聞いた…。シンジラレナイー。
拍手する
おひさしぶーりーねー♪ 
 お久しぶりになってしまいました。
 なかなかお人形に触れない日が続き、お写真も撮れません。しばらくは私生活話題ばっかですがご容赦を。

 だいたいですね、ブログもクリスマス改装できてない!っつーか、家にもツリー飾れてません。心の荒みは家の中にでるようでして、汚れ放題ちらかし放題。今日ふとまだ扇風機が出てるのに気がつきましたよ、ははは(力ない笑い)。携帯トップもまだ海画像でした。風鈴も健在だし、たまひなン家はまだ夏まっさかりです~。

 唯一の楽しみはかっわいい妖精さんが販売されていたので毎日毎日毎日見に行くことでした。先週販売が終わって良かった!だって私買えないのに悔しいじゃん。(狭心) キュートな狐巫女ちゃんも販売されており、お金もないのにうっかり夜に注文の電話しちゃいました 注文が殺到したのか電話が繋がらす、アナウンスが流れるばかりでした。いや~、良かった。買わずに済んだ…。
IMG_0106.jpg

 そういやLEEKEっ子も妖精耳ver.出てましたな。Petit AIちゃんの眠りラファもかわいいったら!あっちこっちからかわいい子が発売されて、欲望は留まる所を知らず。なんか私、別の意味で人形の呪いがかかってると思う。(喜んで呪われてるんだけどね!)
拍手する
8年ぶり 
 久しぶりの来日、昨日ドームへコンサートに行ってきました。
IMG_0392.jpg


 前回来日の時は単独ライヴではなかったので、超嬉しい!
もうアルバムはださないということだったので、もう歳だし前回が日本に来るのは最後かなぁと思っていたのですよ。
IMG_0391.jpg

 上はコンサートパンフ。ビリーはピアノの早弾きも、マイクぐるぐるも健在。さすがにピアノぐるぐる(グランドピアノの上にのってスピン)はしなかった。
 口笛を自分でしなかったので、ずるっこだ!との声もありますが、2時間歌いっぱなし、弾きっぱなしはすごい。若者でも間に別の人のソロでも入れて休憩するぜ。もちろん歌声はさすがでございました。なんだかピアノが弾きたくなっちゃったよ。あのお尻で弾く技をやってみたい。(←女子としては最悪)
拍手する
momokoとラグビー見に行ってきました 
 昨日ははなぞのにラグビー見に行ってきました。
IMG_0368.jpg

 チケットを無料でいただいたからです。我らの応援チームはこちら 応援グッズももらったので応援しなくてはっ
IMG_0379.jpg


 観客にもとても素人とは思えないガタイのでかい人が多かったので、関係者かしらん。私らなんて首根っこを捕まえられて猫のように持ち上げられそう。おっさんも多く、観客の雰囲気は○神タ○ガースに似てる!?試合はとっても近くで見れたので、迫力満点!激しいぶつかり合いが展開されてました。
IMG_0372.jpg


 食べちゃだめだー!と思うのに、寒さのあまり買っちゃいました。おいしかった。へへ。
IMG_0380.jpg

IMG_0382.jpg

 正直、むかし甲○園での食べ物はまずかったですからね。今はおいしくなったのかな?当時食べ物のまずさにヤケになり、ビールの飲みすぎで倒れ、球場から担架で運ばれていった私。真夏の夜の出来事でした。いい思い出…。
IMG_0383.jpg

 こんな葱坊主みたいなキャラクターも応援にかけつけてました!

IMG_0373.jpg

 試合はとっても面白かったです。この試合は一流選手ばかりで有料ですが、サッカーや他のスポーツでも2部リーグは無料で試合を公開しており、昔よく見に行きました。プロの技が間近で見れて感激ですよ。お勧めです!
拍手する
氷点 
 三浦綾子原作の「氷点」が先日TVドラマでやってました。

 幼い娘が誘拐され、殺されたのは妻が浮気中だったからだと誤解する夫。殺人犯の娘を妻への復讐に養女にする。殺人犯の娘と知らずに養女・陽子を育てる妻。後に大事に育てていた陽子が殺人犯の娘と知り、陽子を憎む。妹を養女と知り、陽子を女性として愛する兄。さまざまな愛と、表裏一体の憎しみが渦巻く物語。美しい雪国の景色が素敵でした。

 主人公陽子は自分を憎む養母をただただ慕うのだが、捨てた実母に対しては許すことができず、流氷の景色を眺めながらその心を表す
「陽子の心にも氷点があったのです」といった、印象的な独白があります。凍りついた心、切り離せない憎しみが見事に表現されている一言。

 私の心の中にも氷点があり、しかも常に嵐が吹き荒れています。嵐は時には激しく、時には凪いでいるのですが氷点はなかなか溶けはしません。おそらく「心の中の憎悪」と「罪の許し」がテーマだと思われるこの話、陽子は罪を許したのでしょうか。また原作を読んでみたいと思います。

 
拍手する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。