スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
エレジー 
 最近すっごく濃い恋愛マンガや小説が読みたい気分です。原因はわかってます。愛ルケの主題歌、平井氏の「哀歌」があちこちでかかっているせいです。スーパーでもテレビでもっ。何か耳につきますよねー。

 その手で その手で 私を汚して
 何度も   何度も  私を壊して

なんかすごいです。濃いです。という訳で、同じ気分になってしまったあなたにオススメのコミック。
官能小説 5 (5) 官能小説 5 (5)
藤井 みつる (2005/09/26)
小学館
この商品の詳細を見る


 お局で、面白みのない仕事一筋のOLの主人公(ツンデレ?)と、同じ職場で働く官能小説家を目指す年下のかわいい彼氏との恋愛ストーリー。濡れ場も満載です。
 この作者はシンデレラではいられない大人の恋愛を、非情なリアルさでもって描いてみせます。色々な事を乗り越えた大人の女性にぜひ。ちょっと前の作品で、完結しています。なぜに今更紹介かと申しますと、春に映画になるそうなので。ごっついオススメ。

 ついでに。今日バレンタインデーでしたね。うちのかわいこちゃんが私の指導により製作し、幾日か前にプレゼントしてました。
IMG_0596.jpg

 A新聞によると、パパは娘からもらえるなら、義理でも練習台でも本命の残りでもいいそうですよ!なりふりかまわんなー。
 でれでれして携帯で写真を撮り、同僚に見せるんだ~と浮かれてる彼に向かって

「年頃になったら娘に買い物行こうと誘われちゃったりして本当は財布代わりなのに二人っきりで一緒に出かけてデート気分になっちゃりしてあわよくば一緒に飲みになんか行ったりしてお店の人とかに若い彼女ですか?なんて聞かれちゃったりしてそれでもっと鼻の下のばしていやーこれは娘なんですよなんて言っちゃったりしたいんでしょ?」

と言ったら

「妄想しすぎ」

と言われました。そうか?
拍手する
 
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。