スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
愛っていうのはね、その2 
 私の今見たい映画。
?王の♂ (宣伝が男×男を前面に押し出してたので、色物とおもいきや意外と骨太映画らしい。)
?まりーあんとわねっと (マカロン色の映像が素敵。映画よりDVDでじっくり見る方がいい?)

なのですが、なぜか今日は下図の映画に行ってきました。誘われたら何事も喜んでついて行きます♪
IMG_0573.jpg

 松ジュンファンのTさんは彼の為に、このマンガヲタクの私でさえ読んだことのない原作を全巻集めましたよ!映画は原作と違いH色薄めで、松ジュンが廊下をモデル歩きで一直線に歩いてる姿が印象的。どうでもいいが、イメージを大切にするためかほとんどBGMナシ。近隣に座っている人の、携帯のムーヴの音も聞こえるほど。静かすぎて私がカバンからお菓子を探す音が響き渡り、ビビリました。(でも探して食った。食い意地はすごいぞ!)

 「僕は~」の映画に行くんだー、と別の方と喋ってたら、彼女は
「私、愛ルケ行きたいな。究極の愛がどんななのか見てみたいっ」
え。あの渡辺文豪の原作の映画っすか。あのバッリバリR指定映画でっすか!っていうか、もう、

いまさら究極の愛は知らなくていいと思う

 だいたいですな、愛と情熱は違うそうですよ!(BY遠藤しゅうさく文豪) 情熱は(恋かな?)はその時に燃え上がったり鎮火したりしますが、愛は決してなくならないそうです。愛とは普遍で減ったりしないらしい。(BY遠藤しゅうさく文豪) 彼女、間違った道に進みませんよ…ね…?

 キスシーンや軽いBEDシーンでさえ冷や汗の、意外とチキンなたまひななので、愛ルケ…映画誘われたら座席で固まってると思います。

拍手する
 
ゆかりん。 #-
no subject 
確かにこの期に及んで究極の愛は知らなくていいように思うね。
私もたまひなさんに同じくこういったのは苦手。
、、、なので 観ないですよ。トヨ●ツのあんなシーンも見たかないしね。
たまひな #-
no subject 
他にも見たいと言ってた人がいたのでv-12
どうも忘れられない過去の人がいたというのが二人の
共通点です。あやすぃ…。
原作は年配作家の設定だったらしいので、まだトヨ○ツは
絵的にキレイだとは思いますが、キャーですよね。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。